>病院介護十和田市メインコンテンツ

当院の取り組み

医療・介護・福祉をトータルでサポート

approach-01

在宅・通所(デイサービス)・入所、どのような形態であっても医師が密接に対応しており、お一人おひとりに的確で細やかなケアを提供します。

多職種による「チーム医療」の実践

医師および看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士など、さまざまな専門職がチームを組み、それぞれの専門性を発揮しながら、最善の治療方法を検討します。

診断結果のみならず、患者さまのおかれた状況を含めて情報共有することで、細やかなサポートをおこないます。

認知症疾患医療センター「もの忘れ専門外来」の開設

平成24 年(2012 年)11 月、青森県より「認知症疾患医療センター」の指定を受け、「もの忘れ専門外来」を開設しました。

当センターは、青森県上十三地域における認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることを目的としており、認知症を早期に発見し、適切に診断・治療をおこなうことで、ご本人やご家族が地域で安心して生活できるよう、地域の関係機関と連携しながら支援します。

生活習慣へのアドバイスと啓発活動

病気診断後の日常生活へのアドバイスも積極的におこなっています。生活のなかに運動や趣味、音楽などを取りいれること、食事の内容、嗜好品など、投薬治療だけに頼らない、日々の生活を見直すことも認知症や精神疾患の治療には大切だと考えています。

また、市民向け講習会の講師などもつとめ、健やかな心と身体のための啓発活動にも貢献しています。

各自治体や総合病院、かかりつけ医との連携

各市町村の関係機関、総合病院、かかりつけ医の皆さまとの連携を大切にしています。ご本人やご家族の方がたが、住みなれた地域で安心して生活が送れるよう、地域全体で支援できる体制を整備していくことをめざしています。

医師教育プログラムによる専門医・指導医の育成

精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医の資格取得に向けた研修をおこなっています。多くの指導医も在籍していますので、有意義な研修が可能です。